株式投資の売買の判断

株式の取引というのは、高くなったら売る、安いと思ったら買う、の行動を繰り返すものです。株取引の経験者なら、誰もが経験することだろうと思うのですが、どのタイミングで買えばいいのか、どのタイミングで売ればいいのか、またどの程度の損失で損切ればいいのか、非常に悩むところではないかと思います。

 

実際、これといって正解はありません。数分後の株価が誰にも想像できない以上、正解など分かるわけがないのです。そこで、できるだけ勝利に近づける、確率を高める方法を模索します。

 

具体的には、10%近い利益が出たら売却し、5%近い損失がでたら損切りする、といった感じです。このルールを守ることが出来るかどうかは、自分自身との戦いになるでしょう。新規買いのタイミングも難しいものです。株式のニュースと、チャートを良く見て、ベストなタイミングを探すしかないと思います。全ては勉強です。